本文へ移動

「弁明の余地ない」直筆付き謝罪文の鬼束ちひろに所属事務所も厳しく促す「更なる反省と自覚を持つよう」

2021年12月2日 18時24分

このエントリーをはてなブックマークに追加
鬼束ちひろ

鬼束ちひろ

 東京都渋谷区内で東京消防庁の救急車を蹴った器物損壊の疑いで現行犯逮捕され、その後釈放された歌手の鬼束ちひろ(41)が2日、自身の公式ホームページで一連の行動を謝罪するメッセージを公表した。
 「この度は私の不適切な行動により、多くの皆様にご迷惑おかけしました事を、心よりおわび申し上げます。深く反省しております」
 警視庁渋谷署の調べなどによると、鬼束は11月28日午後、渋谷区内のパチンコ店に女性の友人といた際、友人が体調を崩したため、救急車を要請。同4時35分ごろ、到着した救急車の後部ドア付近を蹴り、通報で駆けつけた警察官に逮捕された。30日に釈放された。
 所属事務所も謝罪のメッセージを公表。「鬼束ちひろの今回の行為につきましては、弁明の余地もない行為であり、本人自身も深く反省しているところでございます。今後二度とこのようなことが起きないように、鬼束ちひろ自身、今回の件に関し、更なる反省と自覚を持つよう、弊社といたしましてもそのための対応をしていく所存です」とした。

関連キーワード

おすすめ情報

購読試読のご案内

プロ野球はもとより、メジャーリーグ、サッカー、格闘技のほかF1をはじめとするモータースポーツ情報がとくに充実。
芸能情報や社会面ニュースにも定評あり。

中スポ
東京中日スポーツ