本文へ移動

オリックス・宗佑磨が7年目で初受賞「また来年も…守備を磨いていきたい」【三井ゴールデン・グラブ賞】

2021年12月2日 16時19分

このエントリーをはてなブックマークに追加
宗佑磨

宗佑磨

◇2日 三井ゴールデン・グラブ賞
 オリックスの宗佑磨三塁手(25)がプロ7年目にして初めてゴールデン・グラブ賞を受賞した。パ・リーグ三塁手部門で210票を集め、2位得票(48票)の茂木栄五郎内野手(楽天)を寄せ付けなかった。
 宗は今季126試合に出場して、守備率は9割7分7厘。守備成績は91刺殺、200補殺、7失策だった。
 入団当初は遊撃手だった。今季は外野手登録ながらも、守備固めなどで外野(中堅と右翼)を守ったのは4月下旬から5月1日にかけての10試合だけ。スタメンで外野を守ったのは3試合。大半で三塁を守った宗は、球団を通じて次の通りコメントした。
 「歴史のある特別な賞に選んでいただき、大変光栄です。サードをするまではまったく想像もできませんでしたが、レギュラーとしてサードを守らせてもらっていましたし、取れたらいいなとは思っていました。しかし、まさか自分が選ばれるとは最後の最後まで思っていなかったので、素直にうれしく思います。まだまだ実力不足だということを自分自身、痛感していますので、また来年も取ることができるように守備を磨いていきたいと思います」
  ◇  ◇  ◇
◆第50回三井ゴールデン・グラブ賞受賞者
【セ・リーグ】
投手・柳裕也(中日)初
捕手・中村悠平(ヤクルト)6年ぶり2回目
一塁・D・ビシエド(中日)2年連続2回目
二塁・菊池涼介(広島)9年連続9回目
三塁・岡本和真(巨人)初
遊撃・坂本勇人(巨人)3年連続5回目
外野・鈴木誠也(広島)3年連続5回目
   近本光司(阪神)初
   大島洋平(中日)4年連続9回目
【パ・リーグ】
投手・山本由伸(オリックス)初
捕手・甲斐拓也(ソフトバンク)5年連続5回目
一塁・中村晃(ソフトバンク)2年連続2回目
二塁・中村奨吾(ロッテ)3年ぶり2回目
三塁・宗佑磨(オリックス)初
遊撃・源田壮亮(西武)4年連続4回目
外野・荻野貴司(ロッテ)2年ぶり2回目
   辰己涼介(楽天)初
   柳田悠岐(ソフトバンク)2年連続6回目

関連キーワード

おすすめ情報

購読試読のご案内

プロ野球はもとより、メジャーリーグ、サッカー、格闘技のほかF1をはじめとするモータースポーツ情報がとくに充実。
芸能情報や社会面ニュースにも定評あり。

中スポ
東京中日スポーツ