本文へ移動

【ロッテ】ZOZOマリンの「バルコニー・スイート」をリニューアル 部屋の内装もマリーンズカラーに…年間販売を開始

2021年12月2日 15時57分

このエントリーをはてなブックマークに追加
ZOZOマリンスタジアムの「バルコニー・スイート」のイメージ画像(球団提供)

ZOZOマリンスタジアムの「バルコニー・スイート」のイメージ画像(球団提供)

 ロッテは2日、ZOZOマリンスタジアム3塁側スタンドに設置されている個室とウッドデッキが組み合わせられた観戦スペース「バルコニー・スイート」の6部屋をリニューアルし、来季のパ・リーグ公式戦を対象とした年間販売を開始したと発表した。
 「バルコニー・スイート」は部屋の大きさに合わせて8~12人の定員が設定されており、室内もしくはバルコニーから観戦が楽しめる。今回のリニューアルではソファやテーブルが新たに設置され、部屋の内装もマリーンズカラーに統一された。
 各部屋(定員、駐車場台数、年間販売価格)は316号室(12人、2台、1300万円)、317号室(10人、1台、1100万円)、318号室(9人、1台、1000万円)、319号室(10人、1台、1100万円)、320号室(10人、1台、1100万円)、321号室(8人、1台、900万円)。
 球団広報室は「これまで以上にゆったりと観戦をお楽しみいただける落ち着いた空間へと変わります。また、フードやドリンクを部屋から注文してデリバリーされるサービスも付帯しており、企業の接待や福利厚生としてもおすすめの観戦パッケージです。年間販売を開始するにあたり、新たに購入特典として専用駐車場の利用権も付帯します」とPRした。

関連キーワード

おすすめ情報

購読試読のご案内

プロ野球はもとより、メジャーリーグ、サッカー、格闘技のほかF1をはじめとするモータースポーツ情報がとくに充実。
芸能情報や社会面ニュースにも定評あり。

中スポ
東京中日スポーツ