本文へ移動

働く環境整備、障害者の力に 松本の農福連携ブルーベリー園がCF募る

2021年12月2日 05時00分 (12月2日 15時55分更新)
ブルーベリーの手入れをする大月さん=松本市波田で

ブルーベリーの手入れをする大月さん=松本市波田で

 松本市波田の上高地ブルーベリー園は、障害がある人が農業分野で働く「農福連携」に取り組んでいる。園主の大月良則さん(61)は元県職員で、健康福祉部長を務めるなど福祉分野での豊富な経験を生かし、障害者が働きやすい環境整備を進めている。その一環として園内にトイレを設置するため、クラウドファンディング(CF)で寄付を募っている。...

中日新聞読者の方は、無料の会員登録で、この記事の続きが読めます。

※中日新聞読者には、中日新聞・北陸中日新聞・日刊県民福井の定期読者が含まれます。

関連キーワード

おすすめ情報

長野の新着

記事一覧