本文へ移動

車体図面の技法から画風確立 豊明の吉田さん、仏美術展に2年連続入選

2021年12月2日 05時00分 (12月2日 12時06分更新)
小浮市長(左)に昨年の入選作を見せる吉田さん=豊明市役所で

小浮市長(左)に昨年の入選作を見せる吉田さん=豊明市役所で

 フランスで芸術家の登竜門として知られる美術展「サロン・ドートンヌ」に、豊明市新田町の吉田昭博さん(79)が二年連続で入選を果たし、市役所で十一月二十六日、小浮正典市長に報告した。本格的に大作に挑戦し、公募展に出品し始めたのは、定年後の七十一歳からと遅咲きながら、芸術の才能を開花させた。
 同美術展は、一九〇三年から続く歴史があり、ピカソや藤田嗣治、東郷青児など名だたる画家が出品している。吉田さんの...

中日新聞読者の方は、無料の会員登録で、この記事の続きが読めます。

※中日新聞読者には、中日新聞・北陸中日新聞・日刊県民福井の定期読者が含まれます。

関連キーワード

おすすめ情報

愛知の新着

記事一覧