本文へ移動

<プロが答える相談室> 子とスキンシップ 社会性育んで

2021年12月2日 05時00分 (12月2日 09時56分更新)

お尻とお尻を合わせる遊び「ぴったんこ」=金沢市内で

 最近、息子が友達とよくけんかをしてしまったり、小学校でも周りと合わせることができていないと指摘されたりと、人に合わせて行動することが苦手みたいです。いろいろ厳しくしつけをしないといけないのかなと思っていたりもしますが、ほめることも大切だと聞いたりどうしたらいいのか悩んでいます。いい方法があったら教えてください。(7歳の男の子のパパ)
 ある大学生を対象とした研究では、母親とのスキンシップが多かった学生は情緒が安定していて自分に自信を持ち、他人を信頼できる傾向があり、父親とのスキンシップが多かった学生は世の中に目を向け、人と協調して何かをしていく能力が高い傾向があったということがわかっています。
 この研究を参考にすると、しつけやコミュニケーションなどさまざまな工夫も必要ですが、単純に父親とたくさんスキンシップをとることが子どもの社会性を育むには必要なのかもしれません。
 そもそもスキンシップをとることで「オキシトシン」という脳内物質がたくさん分泌されますし、オキシトシンが分泌されることで、ストレスにつよくなったり、セロトニンを活性化させたり、体の成長をうながすことが分かっています。
 つまり、成長期の子どもたちにはとても大切な脳内物質だということがわかります。また、セロトニンは心にやすらぎや満足感を感じさせる脳内物質ですので、セロトニンが分泌されることで安心感がうまれます。子どもにとって親とのスキンシップはとても大切だということがわかりますね。
 そして父親とのスキンシップの場合は「くすぐり遊び」のような刺激的な遊びがオキシトシンの分泌には効果的です。また、体のさまざまな部分の触れ合いもとても大切ですので、例えば「ぴったんこ」という頭と頭を合わせたり、背中と背中を合わせたり、お尻とお尻を合わせたりする遊びをやってみてはどうでしょうか。
 楽しく遊べてスキンシップもとれますし、子どものぬくもりも感じることができる遊びです。このようなスキンシップをたくさんとれる遊びを父親とできると社会性を育むことにつながるかもしれませんね。

【パパだからこそ できる遊び】回答者 森 亮太さん

 地域でスポーツ・運動・健康づくり事業を展開するNPO法人「クラブぽっと」のマネジャー。発育発達の専門家として、子どもの体づくりの指導などを担当。金沢市在住。37歳。
石川さんアプリ

 「With KIDS 北陸」は子育て支援などの情報を伝える石川テレビのスマートフォン用公式アプリ「石川さんアプリ」とコラボしています。アプリのダウンロードはこちらから。

石川さんアプリ

 「With KIDS 北陸」は子育て支援などの情報を伝える石川テレビのスマートフォン用公式アプリ「石川さんアプリ」とコラボしています。アプリのダウンロードはQRコードから。

  • iOS用QRコード

    iOS用QRコード

    (App Storeに遷移します)

  • Android用QRコード

    Android用QRコード

    (Google Playに遷移します)

関連キーワード

おすすめ情報