本文へ移動

注目集める抗菌長持ちシート TBカワシマ、固着剤を独自開発

2021年12月2日 05時00分 (12月2日 05時01分更新)
「ナノスピアー」加工を施した自動車シートなどの生地サンプル=滋賀県愛荘町のTBカワシマで

「ナノスピアー」加工を施した自動車シートなどの生地サンプル=滋賀県愛荘町のTBカワシマで

  • 「ナノスピアー」加工を施した自動車シートなどの生地サンプル=滋賀県愛荘町のTBカワシマで
  • 1万回こすっても、薬剤が落ちないことを示した結果を手にする社員=滋賀県愛荘町のTBカワシマで
 トヨタ紡織子会社で自動車向けシート生地などを手掛けるTBカワシマ(滋賀県愛荘町)が、シートの抗菌・抗ウイルス効果を長期間持続させる表面加工技術を確立した。新型コロナウイルス禍による衛生意識の変化を背景に、国内外の自動車メーカーが高い関心を寄せる一方、車向け以外でも活用の幅が広がっている。 (安藤孝憲)...

中日新聞読者の方は、無料の会員登録で、この記事の続きが読めます。

※中日新聞読者には、中日新聞・北陸中日新聞・日刊県民福井の定期読者が含まれます。

中日BIZナビ
中日BIZナビ

関連キーワード

おすすめ情報