本文へ移動

WEリーグ延期は「公平性を保てないという苦渋の決断」国内組18人が2週間隔離で出場できず…

2021年12月1日 20時02分

このエントリーをはてなブックマークに追加
田中美南

田中美南

 サッカー女子のWEリーグは1日、第11節(4日)全5試合の延期を発表した。新型コロナウイルスの新たな変異株「オミクロン株」に対する水際措置が厳格化された影響で、オランダ遠征から1日午前に帰国した女子日本代表「なでしこジャパン」の国内組18人が2週間の隔離で出場できなくなったため。
 オミクロン株の影響で国内の主要試合が延期になるのは初めて。
 帰国したチームは検査で全員の陰性が確認されたが、選手18人は検疫所が指定する宿泊施設で隔離後、自宅などでの待機が求められた。マイナビ仙台3人、三菱重工浦和5人、大宮2人、日テレ東京V5人、INAC神戸3人に加え、米国遠征中のフィリピン女子代表2人(EL埼玉、千葉L所属)が日本に再入国していない。
 同日に開かれた全クラブの代表者による実行委員会で、リーグ側が延期を提案。リーグ規約に従い、岡島チェアの最終決定で延期を決めた。野仲賢勝専務理事は「リーグの公平性を保てないという苦渋の決断」と説明した。

関連キーワード

おすすめ情報

購読試読のご案内

プロ野球はもとより、メジャーリーグ、サッカー、格闘技のほかF1をはじめとするモータースポーツ情報がとくに充実。
芸能情報や社会面ニュースにも定評あり。

中スポ
東京中日スポーツ