本文へ移動

芝改め紫雷が入門7年で新十両に「本当、長かったです。本当に悔しかった。自分もそうなれてよかった」【大相撲】

2021年12月1日 18時10分

このエントリーをはてなブックマークに追加
 日本相撲協会は1日、来年初場所(1月9日初日・両国国技館)の番付編成会議を開き、芝改め紫雷(しでん、29)=木瀬=らの新十両昇進を決めた。
   ◇   ◇
 紫雷は入門から7年あまりでの十両昇進に「本当、長かったです。毎年、後輩が入ってきては上がっていって、本当に悔しかった。自分もそうなれてよかったです」と感慨深げに話した。
 九州場所は西幕下2枚目で5勝2敗の好成績を残した。これまでもあと一歩までは来ていたが、ついに念願果たした。ただこれで終わりでない。「少しでも上に、少しでも長くできればと思います」。24日に30歳になる苦労人は、さらなる飛躍を誓った。

関連キーワード

おすすめ情報

購読試読のご案内

プロ野球はもとより、メジャーリーグ、サッカー、格闘技のほかF1をはじめとするモータースポーツ情報がとくに充実。
芸能情報や社会面ニュースにも定評あり。

中スポ
東京中日スポーツ