本文へ移動

【広島】堂林が現状維持3600万円でサイン…「オフにしっかり準備してキャンプに臨んでいきたい」

2021年12月1日 17時27分

このエントリーをはてなブックマークに追加
堂林翔太

堂林翔太

 広島の堂林翔太内野手(30)が1日、マツダスタジアム施設内の球団事務所で契約更改交渉に臨み、現状維持の3600万円でサインした。今季は70試合出場にとどまり、来季へ向け「実力不足です。また来年、このオフにしっかり準備してキャンプに臨んでいきたい」と語った。
 昨季は自己最高の打率2割7分9厘、自己最多タイの14本塁打を放ち、今季は飛躍が期待された。中日との開幕戦は三塁のスタメンで迎えたが、最終的には本塁打ゼロ、打率1割9分に終わった。
 今季は国内FA権を取得。「よそに行くとか全く考えなかった。家族もいるので、家族の考えも聞いたら、なじんできた広島が一番いいのかなと」。堂林は元TBSで現在フリーのアナウンサー・枡田絵理奈(35)と2014年に結婚。3人の子どももいる。「友達も増えてきて、楽しく生活してくれているので。そこは一番安心しているところです」
 愛知・中京大中京高からドラフト2位で入団し、来季は13年目。チームでは鈴木誠也外野手(27)がポスティングでメジャー移籍を目指している。「誠也がどうなるか分からない。(チームにとって)右打者は1つのポイントになると思う。しっかりと自覚して、力になれるようにしていきたい」。外野の一角が空けば当然そこを狙う。

関連キーワード

おすすめ情報

購読試読のご案内

プロ野球はもとより、メジャーリーグ、サッカー、格闘技のほかF1をはじめとするモータースポーツ情報がとくに充実。
芸能情報や社会面ニュースにも定評あり。

中スポ
東京中日スポーツ