本文へ移動

大谷翔平の「リアル二刀流/ショータイム」が新語・流行語大賞 今季のMVPなど含め”12冠”

2021年12月1日 14時59分

このエントリーをはてなブックマークに追加
大谷翔平(AP)

大谷翔平(AP)

 今年話題になった言葉を表彰する「現代用語の基礎知識選 2021ユーキャン新語・流行語大賞」の年間大賞に1日、「リアル二刀流/ショータイム」が選ばれた。大リーグで投打で活躍し、MVPにも輝いたエンゼルス大谷翔平選手(27)の活躍が評価された。
 表彰式に大谷は欠席した。
 11月4日に候補30語が発表されており、トップテンにこのほか「ジェンダー平等」「うっせぇわ」「親ガチャ」「ゴン攻め/ビッタビタ」「人流」「スギムライジング」「Z世代」「ぼったくり男爵」「黙食」の9語が選ばれた。
 また、日本ハムの監督に就任した新庄監督の「ビッグボス」が候補に入らなかったことに、審査員の漫画家やくみつるさんは言及。「(時間的に)拾えなかった。冷静に事情をご賢察いただき、来年活躍を見せていただければ。繰り越しということで」と話した。
おすすめ情報

購読試読のご案内

プロ野球はもとより、メジャーリーグ、サッカー、格闘技のほかF1をはじめとするモータースポーツ情報がとくに充実。
芸能情報や社会面ニュースにも定評あり。

中スポ
東京中日スポーツ