本文へ移動

【カムカム・ネタバレあり】安子の娘が初めて話した言葉にネット興奮「なんだろうって思ったけど…」父とのつながりも?

2021年12月1日 12時12分

このエントリーをはてなブックマークに追加
上白石萌音

上白石萌音

 NHK朝の連続テレビ小説「カムカムエヴリバディ」第23話が1日放送された。この日、安子の夫・稔演じる松村北斗の所属グループ「SixTONES」に関するワード「シックス」が話題となった。そのわけとは?
 以下、ネタバレ含みます。
 芋あめを売り歩く安子(上白石萌音)は他人の家から漏れ聞こえるラジオの英語講座を日々、聞いていた。ある日、気を失い、助けられた家で目を覚ますと、その家では子どもたちがラジオを囲み英語講座を聴きながら学習していた。
 この日の放送は、娘のるいが初めての言葉を話し、安子が喜ぶ場面で終わった。だがネット上ではある説が浮上し話題に。るいの初めての言葉は「シックス」だったというのだ。
 実は、気を失った安子が目覚めたとき、よその家の子供とるいは一緒にラジオを囲んでおり、ラジオからは数字の6の発音の仕方を指導していた。その最中、実は子どもに混じって、るいが元気良く「シーーックス!」と言っているのだ。
 そのためネット上では「いや、るい、シックス!言うてたで」「その前に子どもと一緒にるい『シックス!!』って言ってたよ」とのツッコミが相次いだ。
 また「るいちゃんの初めての言葉は『Six』だと視聴者は知っていますが、安子は体調のせいで気がつかなかった」とフォローしたり、「るいちゃん、シックス!っていってだけどお父さんのグループそこは読まないんやで」「なんでシックスなんだろう?って思ってたけど SixTONESとかけてたなら嬉しい」と喜ぶSixTONESファンの声も多数見られた。

関連キーワード

おすすめ情報

購読試読のご案内

プロ野球はもとより、メジャーリーグ、サッカー、格闘技のほかF1をはじめとするモータースポーツ情報がとくに充実。
芸能情報や社会面ニュースにも定評あり。

中スポ
東京中日スポーツ