本文へ移動

変われるか、立民新代表に泉政調会長 衆院選落選の2人が思いを語る

2021年12月1日 05時00分 (12月1日 11時02分更新)
JR多治見駅前で手を振る今井瑠々さん(左)=11月29日、多治見市本町で

JR多治見駅前で手を振る今井瑠々さん(左)=11月29日、多治見市本町で

 衆院選から一カ月。枝野幸男前代表の辞任を受けた立憲民主党代表選で三十日、泉健太政調会長が新たな代表に選ばれた。総選挙後、県内からは野党の国会議員がいなくなり、その存在意義が問われている。立民の候補として接戦を演じながら涙をのんだ人たちは、党再生の第一歩をどう見つめるのか。主な二人が思いを語った。 (織田龍穂、真子弘之助)...

中日新聞読者の方は、無料の会員登録で、この記事の続きが読めます。

※中日新聞読者には、中日新聞・北陸中日新聞・日刊県民福井の定期読者が含まれます。

関連キーワード

おすすめ情報

岐阜の新着

記事一覧