本文へ移動

父はヤクルトのスカウト「次は僕が優勝する番」ENEOS度会19歳デビュー弾 兄も神宮大会優勝【都市対抗】

2021年11月30日 21時32分

このエントリーをはてなブックマークに追加
度会

度会

◇11月30日 第92回都市対抗野球第3日 JR東海0―2ENEOS(東京ドーム)
 ENEOS(横浜市)の度会が都市対抗デビュー戦で本塁打を放った。4回1死走者なしの場面、前の打席で打ち取られたフォークを右翼席に運び「シンプルにめっちゃうれしいです」と声を弾ませた。
 兄は中央学院大で神宮大会優勝、父がスカウトをしているヤクルトも日本一を果たしただけに「次は僕が優勝する番だという思いが強いので、一戦一戦頑張りたい」と親子3人全員日本一を見据えた。
 大久保監督は「たいしたもん。バットを持ったら19歳とは思えない」とデビュー弾のルーキーを絶賛した。

関連キーワード

おすすめ情報

購読試読のご案内

プロ野球はもとより、メジャーリーグ、サッカー、格闘技のほかF1をはじめとするモータースポーツ情報がとくに充実。
芸能情報や社会面ニュースにも定評あり。

中スポ
東京中日スポーツ