本文へ移動

【オリックス】3位指名・福永と仮契約「勝負強い打撃とスローイングでアピール、“勝たせられる捕手”目標に」

2021年11月30日 15時45分

このエントリーをはてなブックマークに追加
オリックスと仮契約を結んだドラフト3位指名の国学院大・福永捕手(球団提供)

オリックスと仮契約を結んだドラフト3位指名の国学院大・福永捕手(球団提供)

 オリックスは30日、ドラフト3位指名した国学院大・福永奨(しょう)捕手(22)=横浜高、175センチ、87キロ、右投げ右打ち=と横浜市内のホテルで仮契約を結んだと発表した。契約金6000万円、年俸1000万円(金額はいずれも推定)。背番号は未定で、12月11日に大阪市内のホテルで開かれる新人入団発表記者会見で発表される。
 福永は球団を通じて次の通りコメントした。
 「仮契約を終えて、改めてプロ野球選手になったと実感できました。オリックスは今年優勝しましたし、素晴らしいチームの一員になれることを光栄に思っています。自分のアピールポイントは勝負強い打撃とスローイングです。“勝たせられる捕手”を目標にチーム合流後はしっかりとアピールして頑張っていきます。中学から大学までずっとキャプテンをやらせてもらっていたので、そういった良さも出していきたいと思っています!」
 福永は、横浜高3年の夏に甲子園出場。今年は春秋連覇を果たした。担当の小松スカウトが「抜群のキャプテンシーでチームを勝利に導き、安定したスローイングと長打力のある打撃が魅力。視野も広く、将来的にはチームを引っ張る主力捕手としての期待も大きい選手」と評する素材だ。

関連キーワード

おすすめ情報

購読試読のご案内

プロ野球はもとより、メジャーリーグ、サッカー、格闘技のほかF1をはじめとするモータースポーツ情報がとくに充実。
芸能情報や社会面ニュースにも定評あり。

中スポ
東京中日スポーツ