本文へ移動

【広島】ルーキーでセ2位37Sマークの栗林良吏、3700万円大幅UPの5300万円サイン

2021年11月30日 15時03分

このエントリーをはてなブックマークに追加
広島・栗林良吏

広島・栗林良吏

 広島の栗林良吏投手(25)が30日、マツダスタジアム施設内の球団事務所で契約更改を行い、今季年俸1600万円から3700万円増の5300万円でサインした(金額は推定)。
 トヨタ自動車から入団した今季、開幕から抑えに抜てきされると無失点投球を22試合続け、新人の開幕からの連続無失点記録をつくった。
 最終的には53試合に登板して0勝1敗、セ・リーグ2位の37セーブを挙げた。37セーブは新人では2015年のDeNA・山崎康晃と並ぶ最多記録となった。また20試合連続セーブもマーク。こちらは09年の中日・岩瀬仁紀と並ぶ歴代2位タイの記録だった。セーブ機会での失敗はシーズンを通してなく、防御率0・86という圧倒的な安定感だった。
 夏の東京五輪でも5試合に登板し、2勝3セーブを挙げて金メダル獲得に貢献。出身の愛知県愛西市から第1号の市民栄誉賞を送られた。
 栗林は愛知黎明(れいめい)高時代はエース兼4番打者だった。名城大でもドラフト候補として注目され、トヨタ自動車での2年間でさらに成長してドラフト1位指名で広島入りした。

関連キーワード

おすすめ情報

購読試読のご案内

プロ野球はもとより、メジャーリーグ、サッカー、格闘技のほかF1をはじめとするモータースポーツ情報がとくに充実。
芸能情報や社会面ニュースにも定評あり。

中スポ
東京中日スポーツ