本文へ移動

陽性者・接触者センター新設、保健所業務を県庁に一元化

2021年11月30日 05時00分 (11月30日 15時26分更新)
 新型コロナウイルスの流行「第六波」に備え、県は来年一月中旬、県内七つの保健所が担っている濃厚接触者らの健康観察業務を県庁に一元化する。新たに採用した看護師らが、テレビ電話などを使って体調を把握する。保健所の負担軽減を図り、新規陽性者の調査やクラスター(感染者集団)現場への対応を手厚くする狙いがある。
 県庁内には「陽性者・接触者サポートセンター」を新設する。看護師らを最大五人ほど雇用し、...

中日新聞読者の方は、無料の会員登録で、この記事の続きが読めます。

※中日新聞読者には、中日新聞・北陸中日新聞・日刊県民福井の定期読者が含まれます。

関連キーワード

おすすめ情報

福井の新着

記事一覧