本文へ移動

商店街に人の流れを 津島の商店街で営業日そろえる「オープンデー」

2021年11月30日 05時00分 (11月30日 12時02分更新)
毎月第1土曜の「オープンデー240」をPRする久保田さん(左)と中川さん=津島市天王通りで

毎月第1土曜の「オープンデー240」をPRする久保田さん(左)と中川さん=津島市天王通りで

  • 毎月第1土曜の「オープンデー240」をPRする久保田さん(左)と中川さん=津島市天王通りで
  • オープンデーにお値打ちな「240円」で提供する台湾カステラを紹介する久保田さん=津島市天王通りのキッチンリエゾンで
 津島市の天王通りなどの中心商店街で、店主の有志が、毎月第一土曜日にそろって営業する取り組みをしている。「オープンデー240」と銘打ち、店ごとにまちまちだった営業日の足並みをそろえ、集客増を目指す。現在は老舗から新店まで約二十店舗が参加し、店主同士の交流につながる効果も出ているという。...

中日新聞読者の方は、無料の会員登録で、この記事の続きが読めます。

※中日新聞読者には、中日新聞・北陸中日新聞・日刊県民福井の定期読者が含まれます。

関連キーワード

おすすめ情報

愛知の新着

記事一覧