本文へ移動

ふくいdeお得キャンペーン 県内宿泊代の割引延長 利用対象者、5府県に拡大 

2021年11月30日 05時00分 (11月30日 09時47分更新)

 「イート」は2月末まで


 県内経済の回復を図るため県は二十九日、県内での宿泊代金を割り引く「ふくいdeお得キャンペーン」の延長方針を明らかにした。県民のみだった利用対象も近隣五府県(石川、富山、岐阜、滋賀、京都)の宿泊旅行者に拡大する。Go To イートキャンペーン「県プレミアム食事券」の利用期間も二月末までに延長する。同日発表した県の十二月補正予算案に必要経費を盛り込んだ。 (長谷川寛之)
 ふくいdeお得キャンペーンは、県独自に県内宿泊代金の50%(割引上限一万円)を割引するもの。当初は予約販売・宿泊ともに十二月末で終わる予定だったが、国のGo Toトラベル再開(昨年十二月から停止中)まで延長する。来年一月からは、県民への支援を平日一万円、休日は五千円に変更する。観光施設で使えるクーポン券二千〜三千円の交付も続ける。
 近隣府県(石川、富山、岐阜、滋賀、京都)からの県内への宿泊旅行者も新たに対象にすると明らかにした。県独自に50%(同五千円)割引し、クーポンも贈る。十二月中に開始する方針。
 Go Toトラベルの再開後は「お得キャンペーン」を終えるが、県独自に宿泊代金の10%割引を上乗せし、国と合わせて40%割引にすると発表した。対象は全国からの宿泊者。
 一方、県プレミアム食事券は一セット五千円で六千円分使え、ローソンなどで購入できる。販売・利用期間は当初、十二月十五日までだったが販売を来年一月末までに、利用期間を同二月末までに延長。発行予定の百万セットのうち十六万八千セットが残っており、これに二十万セットを追加発行する方針。
 十二月二十九日〜来年一月三日は利用は可能だが販売は停止する。

関連キーワード

おすすめ情報

福井発の新着

記事一覧