本文へ移動

「相撲界のリーダーになっていてほしい」「立場にふさわしい自覚も出てきている」横審・矢野委員長が全勝優勝の照ノ富士を絶賛

2021年11月29日 20時01分

このエントリーをはてなブックマークに追加
八角理事長(右)から内閣総理大臣杯を受け取る照ノ富士

八角理事長(右)から内閣総理大臣杯を受け取る照ノ富士

 大相撲九州場所後の横綱審議委員会(横審)が29日、東京・両国国技館で行われた。矢野弘典委員長は初の全勝優勝を飾った照ノ富士に「横綱として2場所連続優勝、しかも全勝で遂げた。本当に素晴らしい結果。強いだけじゃなく、品格の面も含めて相撲界のリーダーになっていてほしいと思う。立場にふさわしい自覚も出てきている。飾らない人柄。堂々としている」と絶賛した。一方で大関以下の力士たちへは「大きな壁に向かって、ぶつかっていく気迫を持ってほしい」と注文をつけていた。

関連キーワード

おすすめ情報

購読試読のご案内

プロ野球はもとより、メジャーリーグ、サッカー、格闘技のほかF1をはじめとするモータースポーツ情報がとくに充実。
芸能情報や社会面ニュースにも定評あり。

中スポ
東京中日スポーツ