本文へ移動

有村架純、23年大河「どうする家康」徳川家康の正室・瀬名役で松本潤と3度目の共演「夫婦漫才を演じるような役で楽しみ」

2021年11月29日 19時21分

このエントリーをはてなブックマークに追加
主演の松本潤(中央)と出演が決まった(左から)ムロツヨシ、有村架純、岡田准一、阿部寛

主演の松本潤(中央)と出演が決まった(左から)ムロツヨシ、有村架純、岡田准一、阿部寛

NHKは29日、アイドルグループ「嵐」の松本潤(38)が主演を務める2023年の大河ドラマ「どうする家康」の出演者を発表した。俳優の岡田准一(41)が織田信長、ムロツヨシ(45)が豊臣秀吉、狂言師の野村萬斎(55)が今川義元、俳優の阿部寛(57)が武田信玄、女優の有村架純(28)は徳川家康の正室・瀬名を演じる。
 徳川家康の正室、瀬名(築山殿)を演じる有村は大河ドラマ初出演となる。夫婦になる松本とは、フジテレビ系ドラマ「失恋ショコラティエ」(14年)、映画「ナラタージュ」(17年)で共演。有村は「最初はきょうだい、2度目は先生と生徒のこじらせた恋愛。3度目の今回は、温かく楽しい夫婦漫才を演じるような役で楽しみ」と頬をゆるませた。

関連キーワード

おすすめ情報

購読試読のご案内

プロ野球はもとより、メジャーリーグ、サッカー、格闘技のほかF1をはじめとするモータースポーツ情報がとくに充実。
芸能情報や社会面ニュースにも定評あり。

中スポ
東京中日スポーツ