本文へ移動

イチローさん、「谷繁さんに言われて…」現役時代の“うれしい”エピソード明かす

2021年11月29日 18時01分

このエントリーをはてなブックマークに追加
国学院久我山高の指導に訪れ、笑顔を見せるイチローさん(代表撮影)

国学院久我山高の指導に訪れ、笑顔を見せるイチローさん(代表撮影)

元大リーグ・マリナーズのイチローさん(48)=マリナーズ会長付特別補佐兼インストラクター=が29日、東京都の国学院久我山高で野球部員に指導を行った。イチローさんは昨年12月に智弁和歌山高で指導をしており、2年連続の高校球児指導となった。
 イチローさんは部員からの打撃に関する質問にこう答えた。「見逃す、と思ったらバットが出てくる。それが僕の目指しているところ。手が最後に出てくる。手がキープできている証拠。キャッチャーがそう感じることがすごくうれしい」。その上で、「(元中日の)谷繁さんに、松井秀喜とイチローはそれができていたと言われた。なかなかいないと谷繁さんに言われて、それを意識するようになった」という現役時代のエピソードを明かした。

関連キーワード

おすすめ情報

購読試読のご案内

プロ野球はもとより、メジャーリーグ、サッカー、格闘技のほかF1をはじめとするモータースポーツ情報がとくに充実。
芸能情報や社会面ニュースにも定評あり。

中スポ
東京中日スポーツ