本文へ移動

イチローさん、昨年は智弁和歌山で高校球児初指導 自ら走塁&打撃を実演 フリー打撃で19本の柵越え披露

2021年11月29日 18時01分

このエントリーをはてなブックマークに追加
国学院久我山高の選手に打撃を披露するイチローさん(代表撮影)

国学院久我山高の選手に打撃を披露するイチローさん(代表撮影)

元大リーグ・マリナーズのイチローさん(48)=マリナーズ会長付特別補佐兼インストラクター=が29日、東京都の国学院久我山高で野球部員に指導を行った。イチローさんは昨年12月に智弁和歌山高で指導をしており、2年連続の高校球児指導となった。
 イチローさんの高校球児初指導は昨年の智弁和歌山だった。12月2日から3日間にわたって行われ、初日はまず選手の観察から入り、2日目から指導に入った。3日目には自ら走塁や打撃の実演をする場面もあった。前年3月まで現役だっただけに、フリー打撃では76スイングのうち19本が柵越えだった。
 智弁和歌山は今夏の甲子園大会で優勝。イチローさんは次のようにコメントしていた。
 「初めて智弁和歌山高校のグラウンドを訪れたとき、本気で日本一を目指しているチームだと感じました。そのために厳しい練習を重ね、悔しい思いもしてきたと思います。センバツに出場できなかったどん底から頂点まではい上がってきたこと、何となくではなく、本気で目指していた日本一になったこと、そして野球の面白さをあらためて教えてくれたこと、見事でした。おめでとう」

関連キーワード

おすすめ情報

購読試読のご案内

プロ野球はもとより、メジャーリーグ、サッカー、格闘技のほかF1をはじめとするモータースポーツ情報がとくに充実。
芸能情報や社会面ニュースにも定評あり。

中スポ
東京中日スポーツ