本文へ移動

イチローさんの走り方の極意 高校生に伝授「一つクリアしてから次。3つ以上とかはできない」

2021年11月29日 18時01分

このエントリーをはてなブックマークに追加
国学院久我山高の選手を指導するイチローさん(代表撮影)

国学院久我山高の選手を指導するイチローさん(代表撮影)

 元大リーグ・マリナーズのイチローさん(48)=マリナーズ会長付特別補佐兼インストラクター=が29日、東京都の国学院久我山高で野球部員に指導を行った。イチローさんは昨年12月に智弁和歌山高で指導をしており、2年連続の高校球児指導となった。
 イチローさんが部員の質問に答えて語った走り方はこうだった。
 「まず、真っすぐ走る。かかとをつく、つま先をつく、のは次の段階。中に入れる(脚の動き)。それと、腕を振れ、と言うけれど、腕は後ろ。後ろに振ると一歩が大きくなる。大きく使う。一つクリアしてから次。できたら次にステップする。3つ以上とかはできない」
 軽く走って説明したのは「僕の脚は内側に見える。外側に膝が回ると動きはロス。意識するだけで変わる。何日かでできることではないけど、でも考えないと永遠にできない」という脚の動かし方だった。

関連キーワード

おすすめ情報

購読試読のご案内

プロ野球はもとより、メジャーリーグ、サッカー、格闘技のほかF1をはじめとするモータースポーツ情報がとくに充実。
芸能情報や社会面ニュースにも定評あり。

中スポ
東京中日スポーツ