本文へ移動

イチローさん 2年連続で高校球児指導「すごい気持ちの伝わる手紙」 一通の手紙から始まった

2021年11月29日 18時00分

このエントリーをはてなブックマークに追加
国学院久我山高の選手を指導するイチローさん(代表撮影)

国学院久我山高の選手を指導するイチローさん(代表撮影)

 元大リーグ・マリナーズのイチローさん(48)=マリナーズ会長付特別補佐兼インストラクター=が29日、東京都の国学院久我山高で野球部員に指導を行った。イチローさんは昨年12月に智弁和歌山高で指導をしており、2年連続の高校球児指導となった。
    ◇
 イチロー流の教室は、こんな方針説明から始まった。「一緒に練習しましょう。そんなスタンスです」。午後3時、グラウンドに到着したイチローさんは、部員たちにこう語った。
 実際、自ら「練習」スタート。ウオーミングアップに続いて、ティー打撃で57スイングした。グラウンドの部員は当然、視線を送る。ティー打撃後、ダッシュをしているときに部員たちが集合した。ここで走り方の質問を受けたようで、自分で動いてみせながら丁寧に説明した。
 今回の指導は一通の手紙から実現した。昨年、2年生部員だった田村優樹さんとイチローさんが知り合う機会があり、その後、2年生全員からの手紙がイチローさんに届いた。「野球がうまくなりたい、強くなりたい、そのために来てほしい」という内容だった。
 田村さんを含め当時の2年生はすでに野球部を引退。ただ、後輩のためにも、という願いを受けての指導となった。
 イチローさんはあいさつでこう話した。
 「田村君とはたまたま会って、手紙を頂きました。(秋の)東京大会で優勝したから、来たわけではないので。それ(手紙をもらって)から、みんなの結果はフォローして、夏の結果も見ていた。すごい気持ちの伝わる手紙。(自宅の)大切な物が入っている引き出しに保管している。これを見るだけで文武両道が分かる。文武両道に僕はすごくあこがれていた。高校は完全に野球一本で選んだので」
 イチローさんは手紙をくれた3年生たちと記念撮影した。その手紙のことで談笑し、「ずっとフォローしてたから、みんなの結果。東京ドームで(試合を)やったのはどんな気持ちだったの?」と話しかけていた。
 イチローさんは年内にさらに2校を訪問予定。強い、弱いにかかわらず、野球への純粋な情熱に向き合っていくという。
 ▼研修受けて指導資格 球児を指導するために、イチローさんは現役を引退した2019年の12月に「学生野球資格回復制度」の研修を受けた。東京都内で行われた研修会に3日間出席。翌20年2月に日本学生野球協会から資格回復の認定を受けた。プロアマの壁は以前に比べ格段に低くなったが、元プロが高校、大学の選手を指導するには今もこれらの資格が必要とされいる。

関連キーワード

おすすめ情報

購読試読のご案内

プロ野球はもとより、メジャーリーグ、サッカー、格闘技のほかF1をはじめとするモータースポーツ情報がとくに充実。
芸能情報や社会面ニュースにも定評あり。

中スポ
東京中日スポーツ