本文へ移動

水際対策対象国からすでに32人が日本入国、1人陽性…「オミクロン株、まずは発見することが大事」と坂上忍

2021年11月29日 15時46分

このエントリーをはてなブックマークに追加
坂上忍

坂上忍

 フジテレビ系の情報番組「バイキングMORE」は29日、新型コロナウイルスの新変異株「オミクロン株」について、水際対策の対象国である南アフリカなど9カ国から「すでに32人が入国」と速報。衝撃を受けるスタジオ出演者に向け、司会の坂上忍(54)は「今の状況で発見できれば、まだ追えます」とフォローした。
 番組では日本が30日午前0時より、全世界からの外国人の新規入国を停止することを報じた。さらにオミクロン株の解説途中で岸田文雄首相の会見から引用し、伊藤利尋アナ(49)が「南アフリカなど9カ国の対象国からすでに32人が日本に入国していて、ナミビアから入国した1人が陽性である。その人物についてゲノム解析を行っている最中」と速報すると、出演者らは息をのんだ。
 これに坂上は「驚かれる方もいるでしょうけれども、見つかったっていうことがまず大事なので。今の状況で発見できれば、まだ追えますもんね」と視聴者を安心させるようにコメントした。
 さらに昭和大医学部の二木芳人客員教授も「はい、今のところ世界的にもそうです。みんな水際で止めてるわけですよね」と続け、「ですから『ひょっとしたら』っていうことはみんな意識してると思いますので、ぜひ日本は検査が少ないので、このチャンスに検査を増やして対応していただく」と検査数増加に期待した。
おすすめ情報

購読試読のご案内

プロ野球はもとより、メジャーリーグ、サッカー、格闘技のほかF1をはじめとするモータースポーツ情報がとくに充実。
芸能情報や社会面ニュースにも定評あり。

中スポ
東京中日スポーツ