本文へ移動

鍵山優真、坂本花織らが「名古屋フィギュアスケートフェスティバル」出演 有観客とオンライン視聴で実施

2021年11月29日 15時01分

このエントリーをはてなブックマークに追加
鍵山優真

鍵山優真

 新年恒例の「名古屋フィギュアスケートフェスティバル」(主催=中日新聞社ほか)が来年1月4日に名古屋市の日本ガイシアリーナで開かれる。同事務局は29日、出演スケーターを発表。今季のグランプリ(GP)シリーズで2戦連続優勝した男子の鍵山優真(18)=オリエンタルバイオ・星槎、女子で第4戦・NHK杯(東京)を制した坂本花織(21)=シスメックス=が名を連ねた。
 2003年4月にフィギュアスケートの普及と発展を目的に始まった名古屋フィギュアスケートフェスティバルは、豪華な演出で盛り上がるアイスショーとは違って、地元のジュニア選手が国内のトップ選手と同じ会場で演技するエキシビション。今年も新型コロナウイルスの感染防止対策を講じて、有観客とオンライン視聴で実施する。
 男子は鍵山のほか、18年平昌五輪代表の田中刑事(27)=国際学園、GPシリーズ第5戦・フランス杯2位の佐藤駿(17)=フジ・コーポレーション、同第6戦・ロシア杯3位の友野一希(23)=セントラルスポーツ、チャレンジャーシリーズ・ワルシャワ杯優勝の山本草太(21)=中京大=といった実力派スケーターが出演する。
 女子は坂本のほか、昨季の全日本選手権で4位に入った松生理乃(16)=愛知・中京大中京高、17年四大陸選手権女王の三原舞依(22)=シスメックス、NHK杯2位の河辺愛菜(17)=木下アカデミー、地元勢の横井ゆは菜(21)、新田谷凜(24)=ともに中京大=といったシニア選手の出演が決定。さらに、ノービスながら4回転トーループを武器に今季の全日本ジュニア選手権を制した島田麻央(13)=木下アカデミー、同選手権4位の吉田陽菜(16)=木下アカデミー=といったフィギュア界の次代を担う選手も名を連ねた。
 チケットとオンライン視聴券は12月4日午前10時から販売される。詳細は公式サイトを参照。
おすすめ情報

購読試読のご案内

プロ野球はもとより、メジャーリーグ、サッカー、格闘技のほかF1をはじめとするモータースポーツ情報がとくに充実。
芸能情報や社会面ニュースにも定評あり。

中スポ
東京中日スポーツ