本文へ移動

体調不良から復帰の鈴木奈々、加藤茶からの金言胸に「自分らしく生きるのが、私にとってのサステナブル」

2021年11月29日 11時51分

このエントリーをはてなブックマークに追加
「マナベルマルシェ」の記者発表会に元気いっぱいで登場した鈴木奈々

「マナベルマルシェ」の記者発表会に元気いっぱいで登場した鈴木奈々

 タレント鈴木奈々(33)が29日、東京・東急プラザ銀座で東急不動産が取り組む新しいアンテナショップ「マナベルマルシェ」の記者発表会に出席した。
 18歳のデビュー以来ずっと茨城から東京に通っている鈴木はショップのコンセプトにちなみ「地方創生」「サステナブル」について「茨城は出荷量のナンバーワンが多くて、レンコン、クリ、あと何だっけ? あ、メロンとか」と故郷の茨城愛を披露。「どんな人が作ってどんなストーリーがあるかを知るとよりおいしくなると思う」と生産地の情報発信の取り組みを歓迎した。
 今年8月から体調不良のため3カ月休養したことにも触れ、「初めてメンタル、私はメンタル、マジで最強、無敵と思っていた。エゴサーチしても平気だった。ショックは受けたけど、自分を否定せず、向き合って今年は逆に良い年になった。この経験は絶対に無駄にしたくない」と打ち明け、「来年は自分のペースで生きていきます!」と明るく語った。
 鈴木はザ・ドリフターズの加藤茶の妻綾菜さんと親しく、「茶さんに『自分に飽きちゃダメだよ』と言われた言葉を大切にしています。自分らしく生きていくのが、私にとってのサステナブルです」と話した。
 同ショップは来月28日まで期間限定でオープンする。

関連キーワード

おすすめ情報

購読試読のご案内

プロ野球はもとより、メジャーリーグ、サッカー、格闘技のほかF1をはじめとするモータースポーツ情報がとくに充実。
芸能情報や社会面ニュースにも定評あり。

中スポ
東京中日スポーツ