本文へ移動

『東レキャンペーンガール』に名古屋出身のモデル間瀬遥花 杉本彩、山口智子、藤原紀香を輩出

2021年11月29日 11時35分

このエントリーをはてなブックマークに追加
間瀬遥花

間瀬遥花

 「2022年東レキャンペーンガール」の記者発表会が29日、東レ東京本社であり、名古屋市出身のモデル間瀬遥花(ませ・はるか、24)に決まったことが発表された。東レキャンペーンガールは1981年に始まり、杉本彩、山口智子、藤原紀香、菊川怜、鈴木ちなみらスターを輩出したことで知られる。
 間瀬は大きな瞳が印象的。身長169センチのスリムな体形が目を引く。「歴史あるキャンペーンガールに光栄。(選ばれて)素直にうれしい」と笑顔で喜びを語った。
 名古屋では3年間モデルとして活動。「その経験をいかしたい」と力を込めた。また、「タレントや女優としても活動したい」と将来の夢を語った。
 発表会では特技の電子オルガン演奏を披露した。

関連キーワード

おすすめ情報

購読試読のご案内

プロ野球はもとより、メジャーリーグ、サッカー、格闘技のほかF1をはじめとするモータースポーツ情報がとくに充実。
芸能情報や社会面ニュースにも定評あり。

中スポ
東京中日スポーツ