本文へ移動

「太ればいいわけでない」阿部が理想の動きを求め筋肉マンへ 95キロでのキャンプイン目標【中日】

2021年11月29日 06時00分

このエントリーをはてなブックマークに追加
フリー打撃する阿部

フリー打撃する阿部

 ただ太らせるわけではない。自らが理想とする動きを求めて、阿部は自己最重量の95キロでのキャンプインを目指す。
 「筋力を肥大化するわけじゃなく、飛んだり、どうすれば下からの力をうまく伝えられるかとか。単に太って打球が飛べばいいというわけではない。僕がこういう動きをしたいから、そういう筋力が必要。トレーニングを通して、その動きを体に付けたい」
 今季は89キロでキャンプインもシーズン中にやせてしまい、一時は80キロまで減ってしまったという。食べても食べても体重は減る一方。「もともとシーズン入ったらやせてしまう体質。今年はバッティングで結果が出ず不安だった」。打撃不振に苦しみ6月28日には出場選手登録を抹消された。最短の10日で再昇格するも、前半戦終了後に上肢のコンディショニング不良でリハビリ組に合流し後半戦は出場なしに終わった。「けがしないように鍛える意味でも、筋肉がつくことでできる動きがあると思う」
 秋季キャンプ最終日に立浪監督は、プロ野球選手としてオフの体形維持を訓示していたが「もともと体重も少ない。体脂肪率上げずに、動いて体重を増やそうというのは、ずっと思っていたこと」。増量敢行に迷いはなかった。

関連キーワード

おすすめ情報

購読試読のご案内

プロ野球はもとより、メジャーリーグ、サッカー、格闘技のほかF1をはじめとするモータースポーツ情報がとくに充実。
芸能情報や社会面ニュースにも定評あり。

中スポ
東京中日スポーツ