本文へ移動

新垣結衣『先生』子役みんなに手紙書いた 神木隆之ら出演 「GHOSTBOOK おばけずかん」映画化

2021年11月29日 04時00分

このエントリーをはてなブックマークに追加
解禁された(下段左から)新垣結衣、神木隆之介らキャストたち

解禁された(下段左から)新垣結衣、神木隆之介らキャストたち

 「大人が知らないベストセラー」といわれる「おばけずかん」シリーズ(講談社)が「GHOSTBOOK おばけずかん」(山崎貴監督、来年7月22日公開)として映画化されることが決まり、主役の4人の子どもたちと脇を固める女優新垣結衣(33)、俳優神木隆之介(28)の6人のキャストが解禁された。
 少年・一樹(いつき)を天才子役の呼び声も高い城桧吏(じょう・かいり、15)が演じるのも注目だ。
 原作の同シリーズは日常に潜むおばけと出会った時に「でも、大丈夫!」と思える対処法を示す。映画は子どもたちがおばけのいる世界に迷い込む異世界冒険ファンタジーだ。
 4人の子どもたちは500人以上の中からオーディションで選ばれた。城は2018年のカンヌ国際映画祭で最高賞のパルムドールに輝いた是枝裕和監督の「万引き家族」で主人公家族の息子役を演じて鮮烈な印象を残した。
 撮影を終えた城は役について「怖がりで頼りないところがありますが、優しくて友だち思いだなという印象を受けました」とコメント。担任教師を演じた新垣がクランクアップの際、一人ずつに手紙を書いてくれたと明かし、「とてもすてきで優しい方だと感じました」と話した。ほかに子役は柴崎楓雅(13)、サニー・マックレンドン(11)、吉村文香(13)が務める。
 コロナ禍での撮影に新垣は子どもたちについて「特に戸惑うことも多かったのではないかと思いますが、個性豊かに一生懸命に撮影に挑んでいました」と思いやった。
 謎の人物を演じた神木は子どもたちとの共演に「挑戦していくパワーをすごく感じ、僕もたくさん刺激を受けました」と話した。

関連キーワード

おすすめ情報

購読試読のご案内

プロ野球はもとより、メジャーリーグ、サッカー、格闘技のほかF1をはじめとするモータースポーツ情報がとくに充実。
芸能情報や社会面ニュースにも定評あり。

中スポ
東京中日スポーツ