本文へ移動

敢闘賞の阿炎「相撲と向き合えた1年だった…来年はもっと変われる1年に!」【大相撲】

2021年11月28日 19時44分

このエントリーをはてなブックマークに追加
敢闘賞の阿炎

敢闘賞の阿炎

◇28日 大相撲九州場所千秋楽(福岡国際センター)
 もらって当然の敢闘賞だった。西前頭15枚目の阿炎(27)=錣山=は引いてしまい隆の勝に押し出されたが、自己最多となる12勝3敗で終えた。
 新型コロナウイルス対策のガイドライン違反で、3場所出場停止の処分を受けてからは自分と向き合い、押しに徹する素晴らしい内容。14日目には照ノ富士をあと一歩のところまで追い詰めた。
 「自分の相撲で取れたので、すごく意味のあるものだと思います」と話したが、14場所ぶり3回目の敢闘賞にふさわしかった。
 それでも「勝って締めたかったというか、自分の相撲を取れずに終わったのでまた課題が出きました」と気を緩めることはない。
 「まだ自分自身では変われたか分かってないですけど、相撲と向き合えた1年でした。家族との会話も大事にしてきました。変わるための1年だったので、これで止まらずもっと変われる1年にしたい」と来年への誓いを立てていた。

関連キーワード

おすすめ情報

購読試読のご案内

プロ野球はもとより、メジャーリーグ、サッカー、格闘技のほかF1をはじめとするモータースポーツ情報がとくに充実。
芸能情報や社会面ニュースにも定評あり。

中スポ
東京中日スポーツ