本文へ移動

「体が動かなかった…」鈴木亜由子が区間14位と振るわず日本郵政Gが3連覇逃す【実業団女子駅伝】

2021年11月28日 18時20分

このエントリーをはてなブックマークに追加
鈴木亜由子

鈴木亜由子

◇28日 全日本実業団対抗女子駅伝(宮城県松島町文化観光交流館前~弘進ゴムアスリートパーク仙台 6区間42・195キロ)
 東京五輪マラソン女子代表の鈴木亜由子(30)=日本郵政グループ=は1区(7・6キロ)で区間14位。レース後は「体が動かなかった。自分がいいスタートを切れなかったのでチームは3連覇を逃した。申し訳ない」と反省の弁を繰り返した。
 高橋昌彦監督は「ここまで走れない鈴木は見たことがない。五輪の疲労があったのだろう」。陣営は再びマラソンで2024年パリ五輪を目指す方針で、鈴木は「また自分らしい走りができるように」と再出発を誓った。

関連キーワード

おすすめ情報

購読試読のご案内

プロ野球はもとより、メジャーリーグ、サッカー、格闘技のほかF1をはじめとするモータースポーツ情報がとくに充実。
芸能情報や社会面ニュースにも定評あり。

中スポ
東京中日スポーツ