本文へ移動

不振脱した!「長かった…」 堀川未来夢が初日からトップ守り抜き2年5カ月ぶり完全V【男子ゴルフ】

2021年11月28日 17時27分

このエントリーをはてなブックマークに追加
仲間から水シャワーの祝福を受けて晴れやかな表情の堀川

仲間から水シャワーの祝福を受けて晴れやかな表情の堀川

◇28日 男子ゴルフ カシオワールドオープン最終日(高知県芸西村・Kochi黒潮CC)
 堀川未来夢(28)=ウエーブエナジー=が67で回り、通算19アンダーに伸ばして、初日から首位を譲らない完全優勝を決めた。2019年6月以来のツアー2勝目で、前回も完全Vだった。金谷拓実(23)=ヨギボー=は3打差の4位に終わり、賞金ランクは3位のまま。ルーキーシーズン賞金王は、次週の最終戦がラストチャンスとなった。世界アマランク1位でツアー2勝目がかかっていた中島啓太(21)=日体大3年=は通算11アンダーの14位だった。
     ◇
 復活優勝を決め、仲間から水シャワーの祝福を受けた堀川が、しみじみとつぶやいた。。前回優勝から2年5カ月。初優勝した当時は「2~3メートルのパットがほとんど入る。ツアーでやっていける」と思っていた。だが、直後からそのパッティングがイップスに。右手の感覚が悪く、水の中で動かしているような感じだった。V争いをしていても大事な場面で外すことが続いた。
 「練習ではよくても、試合になると駄目。で、練習に戻るとまたよくなっている。これでは練習しても意味がないのでは」と、あきらめの境地だった。ところが、今大会は20本ほどパターを用意してマレット型を選び、ボールにスピンをかけるようにして打ってみたところ、うまくはまった。困ったときに対処できる3つの引き出しも用意した。「中身は企業秘密です」
 初日に8アンダーで飛び出し、最終日は後続に3打リードで開始した。14番、カップ右を狙ったパットが左に出た。「うわっ、出たな、と思った」。続く15番も右手が動かなかった。だが、苦しかったころの経験が、落ち着きをくれた。3つある引き出しの1つを開けて対処した。
 以前は米ツアーを意識し、筋トレで176センチ、84キロのマッチョな体を作り上げた。だが、何度かメジャーなどを経験し「行きたいと軽々しく言えない。20~30ヤード飛距離を伸ばさないと闘えない」と、考えを変えた。「今は日本で賞金王を取りたい。来年は開幕から目指していく。この2年5カ月の間に、ツアーは一世代若返った。彼らに負けたくない。押されるのは悔しいじゃないですか」。金谷、石坂友宏、片岡尚之、久常涼ら、ツアーの中心になっている若手の名前が次々に出た。シーズン大詰めの復活優勝は、来季に向けた彼らへの逆挑戦表明でもある。

関連キーワード

おすすめ情報

購読試読のご案内

プロ野球はもとより、メジャーリーグ、サッカー、格闘技のほかF1をはじめとするモータースポーツ情報がとくに充実。
芸能情報や社会面ニュースにも定評あり。

中スポ
東京中日スポーツ