本文へ移動

コントレイルが差し切って有終の美 2着にはオーソリティ、3着にはシャフリヤール【ジャパンカップ】

2021年11月28日 15時54分

このエントリーをはてなブックマークに追加
東京12R、ジャパンカップでラストランとなるコントレイルを勝利に導き雄たけびを上げる福永祐一騎手

東京12R、ジャパンカップでラストランとなるコントレイルを勝利に導き雄たけびを上げる福永祐一騎手

◇28日 第41回ジャパンカップ(G1・東京・芝2400メートル) クラシック三冠馬でこれが引退レースとなるコントレイル(牡4歳)が単勝1・6倍の1番人気にこたえて1着でゴール。有終を飾った。
 アイルランドの名門A・オブライエン厩舎からの2頭を含む外国馬3頭が参戦したレースはアリストテレスが先行し、1000メートル62秒のスローペースに困惑したキセキが最後方から一気に先頭に浮上。直線でシャフリヤール、オーソリティが前をうかがうが、外から一気に伸びたコントレイルが残り100メートル付近で2頭をまとめて差し切った。
 2着にはオーソリティ、3着にはシャフリヤールが入った。

関連キーワード

おすすめ情報

購読試読のご案内

プロ野球はもとより、メジャーリーグ、サッカー、格闘技のほかF1をはじめとするモータースポーツ情報がとくに充実。
芸能情報や社会面ニュースにも定評あり。

中スポ
東京中日スポーツ