本文へ移動

【ベゴニア賞】レッドラディエンスが差し切り2勝目 ムーア「素直で乗りやすい」

2021年11月28日 15時31分

このエントリーをはてなブックマークに追加
ベゴニア賞を制したレッドラディエンスとムーア騎手

ベゴニア賞を制したレッドラディエンスとムーア騎手

◇28日 ベゴニア賞(芝1600メートル・東京競馬場)
 中団を追走したレッドラディエンス(牡2歳、美浦・藤沢和)が外から差し切って2勝目を挙げた。ムーア騎手は「素直で乗りやすい馬。もうちょっとズブいかと思ったけど、反応は良くてこれからまだまだ伸びていくような気がします」と振り返った。
 藤沢和雄調教師も「距離は忙しかったけど、スローでうまく競馬ができた。今回のメンバーを差すのは大したもんだね。もう少し距離はあった方がいいかもしれない。ジョッキーもいい馬だと言ってくれてるし、素質はある。次は様子をみて考えたい」と今後の成長に期待した。

関連キーワード

おすすめ情報

購読試読のご案内

プロ野球はもとより、メジャーリーグ、サッカー、格闘技のほかF1をはじめとするモータースポーツ情報がとくに充実。
芸能情報や社会面ニュースにも定評あり。

中スポ
東京中日スポーツ