本文へ移動

井上尚弥と12・14統一戦のディパエンがタイを出発 通算12勝11KOの強打者【ボクシング】

2021年11月28日 11時38分

このエントリーをはてなブックマークに追加
日本へ向けて出発したディパエン(大橋ジム提供)

日本へ向けて出発したディパエン(大橋ジム提供)

 ボクシングWBA・IBF統一バンタム級タイトル戦(12月14日、両国国技館)で2団体統一王者・井上尚弥(28)=大橋=に挑むIBF5位アラン・ディパエン(30)=タイ=が28日に日本行きの航空便でタイを出発した。大橋ジムが発表したもので、同日午後に日本に到着する予定だ。
 ディパエンは通算12勝でうち11勝はKOという強打者(2敗)で、WBAでも8位にランクされている。来日後は規則に従い宿舎での自主隔離などを行うが、その間も練習を続けて試合に備えるという。

関連キーワード

おすすめ情報

購読試読のご案内

プロ野球はもとより、メジャーリーグ、サッカー、格闘技のほかF1をはじめとするモータースポーツ情報がとくに充実。
芸能情報や社会面ニュースにも定評あり。

中スポ
東京中日スポーツ