本文へ移動

『ウイルスの命名も国際政治に翻弄』 舛添要一さん、オミクロン株めぐり推論 「ギリシャ文字の順なら…」

2021年11月28日 11時19分

このエントリーをはてなブックマークに追加
舛添要一さん

舛添要一さん

 元東京都知事で国際政治学者の舛添要一さん(72)が28日、ツイッターを更新。26日に世界保健機関(WHO)が警戒して最高ランクの「懸念される変異株」に指定した新型コロナウイルス変異株「オミクロン株」の命名について、独自の推理を展開した。
 「新変異株『オミクロン』の命名、ギリシャ文字の順なら、『ミュー』の次は『ニュー』→『クサイ』だが、『ニュー』は当然不適当。次の『クサイ』は習近平の姓『習(XI)』と同じ英語表記になる。そこで、WHOが中国に配慮して順番を飛ばしたという説がある。ウイルスの命名も国際政治に翻弄(ほんろう)されている」と分析した。
おすすめ情報

購読試読のご案内

プロ野球はもとより、メジャーリーグ、サッカー、格闘技のほかF1をはじめとするモータースポーツ情報がとくに充実。
芸能情報や社会面ニュースにも定評あり。

中スポ
東京中日スポーツ