本文へ移動

名機「富士T−1初鷹」紹介 豊山航空ミュージアムで企画展

2021年11月28日 05時00分 (11月28日 11時02分更新)
富士T−1とその紹介パネルなどが展示されている会場=豊山町豊場のあいち航空ミュージアムで

富士T−1とその紹介パネルなどが展示されている会場=豊山町豊場のあいち航空ミュージアムで

 豊山町豊場のあいち航空ミュージアムで二十七日、国産としては戦後初の実用ジェット機となる「富士T−1初鷹」を、日本の飛行機づくりの歴史とともに紹介する特別企画展が始まった。
 三十日に開館四周年を迎えることを記念した展示。世界の名機百選に選ばれており、日本のジェット機の先駆け的な存在である同機を知り、飛行機の歴史に興味を持ってもらおうと企画した。通常は航空自衛隊小牧基地(小牧市春日寺一)に展示されている同機を借り受け開催した。
 会場には、同機とともに、...

中日新聞読者の方は、無料の会員登録で、この記事の続きが読めます。

※中日新聞読者には、中日新聞・北陸中日新聞・日刊県民福井の定期読者が含まれます。

関連キーワード

おすすめ情報

愛知の新着

記事一覧