本文へ移動

又吉が独立リーグ出身者初のFA行使へ タカ、オリ、DeNAと争奪戦か【中日】

2021年11月28日 05時00分

このエントリーをはてなブックマークに追加
中日・又吉

中日・又吉

 今季国内FA権を取得した中日・又吉克樹投手(31)が権利を行使することになった。29日にFA書類をNPBに提出する。球団とはすでに複数回にわたり交渉していて、条件提示も受けた。宣言残留も認められている。ソフトバンク、オリックス、DeNAが獲得調査に動いているとみられ、争奪戦に発展する見込み。
 沖縄県出身の右腕は、地元の県立西原高から環太平洋大、独立リーグ・四国IL香川をへて2014年にドラフト2位で入団した。ルーキーイヤーから、3年連続60試合登板をマークし、ブルペンを支えた。
 8年目の今季は66試合に登板し、防御率は1・28。8セーブ、33ホールドを挙げた。通算400試合登板で41勝26敗、10セーブ、143ホールド、防御率2・86。
 FA宣言すれば、独立リーグ出身者として初めての権利行使。これまでに「NPB入りするにあたり、FA宣言する選手になりたいという気持ちがありました。宣言することで、独立リーグが注目され、そこで頑張っている選手の励みになればうれしいです」と語っていた。
おすすめ情報

購読試読のご案内

プロ野球はもとより、メジャーリーグ、サッカー、格闘技のほかF1をはじめとするモータースポーツ情報がとくに充実。
芸能情報や社会面ニュースにも定評あり。

中スポ
東京中日スポーツ