本文へ移動

なにわ男子・大西流星、毒舌ツンデレのスイーツ担当で先輩主演のドラマに出演

2021年11月28日 05時00分

このエントリーをはてなブックマークに追加
椿のイラストが使われた原作本の表紙(上段(右))を実写で再現した大西流星(同(左))。下段は左からぐれ役の佐伯大地、ときたか役の葉山奨之、角崎英介役の白洲迅

椿のイラストが使われた原作本の表紙(上段(右))を実写で再現した大西流星(同(左))。下段は左からぐれ役の佐伯大地、ときたか役の葉山奨之、角崎英介役の白洲迅

 アイドルグループ「なにわ男子」の大西流星(20)が、先輩グループ「ジャニーズWEST」の小瀧望(25)が主演するテレビ朝日系連続ドラマ「鹿楓堂(ろくほうどう)よついろ日和」(来年1月スタート、土曜午後11時30分)に出演することが27日、分かった。
 「月刊コミックバンチ」で連載中の清水ユウさんの同名人気漫画を初実写化した同作は、お茶担当のスイ(小瀧)こと東極京水(とうごく・きょうすい)が店主を務める和風喫茶店「鹿楓堂」で働く4人のスペシャリストとお客さんたちの心温まる交流を描く。大西は照れ屋でツンデレ、負けず嫌いな毒舌最年少メンバーでスイーツ担当の椿(つばき)こと中尾椿を演じる。
 リップクリームを30本以上所持し、状況に応じて使い分けるなど、あざとかわいい言動で注目を集めている大西は「主演ののんちゃんとは、普段からめちゃくちゃお話しているので、“お兄ちゃんと一緒にお芝居できる”というのが、なによりうれしいです」と、小瀧のことを愛称で呼ぶあざとさを発揮しながら「僕も『よく毒を吐く』って言われるんですよ。だから、なにわ男子のメンバーがこのドラマを見たら、そこが僕と重なるかもしれません。僕もめちゃくちゃスイーツが好きだし、椿くんも女性だらけのカフェにスッと入って行ける子なので、そこは共通する部分ですね」と分析した。
 料理担当・ときたか(永江ときたか)役に人気俳優の葉山奨之(25)、珈琲担当のぐれ(グレゴーリオ・ヴァレンティノ)役に佐伯大地(31)、鹿楓堂に近づいてくる謎の男・角崎英介役に白洲迅(29)が決定。イケメンのフルコースを堪能できそうだ。
おすすめ情報

購読試読のご案内

プロ野球はもとより、メジャーリーグ、サッカー、格闘技のほかF1をはじめとするモータースポーツ情報がとくに充実。
芸能情報や社会面ニュースにも定評あり。

中スポ
東京中日スポーツ