本文へ移動

「いまの時代、何かと100球って…」上原さんがオリ山本を理想的と絶賛【日本シリーズ】

2021年11月27日 22時31分

このエントリーをはてなブックマークに追加
上原浩治さん

上原浩治さん

◇27日 日本シリーズ第6戦 オリックス―ヤクルト(ほっともっとフィールド神戸)
 巨人などで活躍した上原浩治さん(46)が27日、自身のツイッターを更新。9イニングを141球で1失点に抑えたオリックス先発・山本由伸投手(23)の投球について「理想的」とした。
【写真】オリのラオウ&宮城の“ダブル拳王”
 上原さんは山本が降板した後に「オリックス…山本選手 9回投げましたね」と拍手の絵文字付きでエースの投球を称賛。その上で「141球… まっ、完投するなら理想的な球数ですね。自分は135球理論なんで」と1イニング15球、9回を計135球を理想とする持論を改めて紹介した。
 と先発投手が100球を区切りに降板する風潮に言及。巨人時代には先発完投型として活躍していただけに「はい、自分時代遅れなんで…」とコメントした。

関連キーワード

おすすめ情報

購読試読のご案内

プロ野球はもとより、メジャーリーグ、サッカー、格闘技のほかF1をはじめとするモータースポーツ情報がとくに充実。
芸能情報や社会面ニュースにも定評あり。

中スポ
東京中日スポーツ