本文へ移動

元「19」岩瀬敬吾さん 歌声優しく 妙覚寺でコンサート

2021年11月28日 05時00分 (11月28日 11時03分更新)
寺の本堂で優しい歌声を響かせる岩瀬敬吾さん=穴水町鹿波の妙覚寺で

寺の本堂で優しい歌声を響かせる岩瀬敬吾さん=穴水町鹿波の妙覚寺で

「穴水また訪れたい」

 穴水町鹿波の妙覚寺で二十七日、NHKの紅白歌合戦に二回出演した元男性デュオ「19(ジューク)」の岩瀬敬吾さんによる音楽法要(コンサート)が開かれた。門徒ら五十人が優しい歌声に耳を傾けた。
 住職の長男の朝倉祥遵(しょうじゅん)さん(36)が岩瀬さんのファン歴二十年以上で、コンサートへの出演を依頼。多くの門徒が集まる報恩講に合わせて、地元の人たちに楽しんでもらおうと初めて企画した。
 岩瀬さんは、子どもの成長を願って作った曲や、町を走るのと鉄道になぞらえ、神奈川県の海沿いを通る江ノ島電鉄をイメージした歌など六曲をしっとりとうたい上げた。町で歌うのは二回目で「またきれいな景色を見に穴水を訪れたい」と話した。
 家族三人で大阪府吹田市から訪れた会社員の千田努さん(35)は「能登の雄大な自然と溶け込むような空間で貴重な時間を過ごせた。明日からまた頑張ろうという気持ちになりました」と笑顔で話した。 (森本尚平)

関連キーワード

おすすめ情報

石川の新着

記事一覧