本文へ移動

オリックスとヤクルト激闘1-1で延長戦突入【日本シリーズ】

2021年11月27日 22時00分

このエントリーをはてなブックマークに追加
9回を投げきり、オリックス・中嶋監督(右)と握手する山本

9回を投げきり、オリックス・中嶋監督(右)と握手する山本

◇27日 日本シリーズ第6戦 オリックス―ヤクルト(ほっともっとフィールド神戸)
 オリックスの山本由伸投手(23)が9イニングを141球、1失点と貫禄の投球を見せれば、ヤクルトは3投手の継投で1失点でしのぐなど両チーム全く譲らず。1―1で今シリーズ初の延長戦に突入した。
 ヤクルトが塩見泰隆外野手(28)が5回2死二塁で左前タイムリーで先制。オリックスはその直後に福田周平内野手(29)のタイムリーで追い付いた。
 シリーズでの延長戦は2018年11月1日のソフトバンク―広島第5戦(当時ヤフオクドーム、現ペイペイドーム)以来となった。オリックスは10回から2番手・平野佳寿投手(37)が登板した。

関連キーワード

おすすめ情報

購読試読のご案内

プロ野球はもとより、メジャーリーグ、サッカー、格闘技のほかF1をはじめとするモータースポーツ情報がとくに充実。
芸能情報や社会面ニュースにも定評あり。

中スポ
東京中日スポーツ