本文へ移動

堀川未来夢 勢い止まった…トップは死守も後続とは3打差に【ゴルフ カシオワールドOP】

2021年11月27日 18時11分

このエントリーをはてなブックマークに追加
3番で第1打を放つ堀川

3番で第1打を放つ堀川

◇27日 国内男子ゴルフ カシオワールドオープン第3日(高知県芸西村、Kochi黒潮CC)
 堀川未来夢(28)=ウエーブエナジー=は73と1打後退。通算14アンダーで初日からのトップを守ったが、後続とは3打差になった。
   ◇   ◇
 堀川の勢いが止まった。予選2日間で大会新記録の15アンダーをマークしたが、第3ラウンドは2バーディー、3ボギー。前日までの精密機械のような正確なショットに狂いが生じ、グリーン上も33パットと大苦戦。18番は10メートル以上のパットを2メートルオーバーさせ、返しも入らず3パットのボギーで終え「強い風で迷いが出た。グリーンの硬さも、朝と18番では全然違った」と振り返った。
 ただ、それでも最終日を前に3打リードがある。「明日は同組3人の中でトップで回る」と、ツアー2勝目へ気持ちを切り替えた。

関連キーワード

おすすめ情報

購読試読のご案内

プロ野球はもとより、メジャーリーグ、サッカー、格闘技のほかF1をはじめとするモータースポーツ情報がとくに充実。
芸能情報や社会面ニュースにも定評あり。

中スポ
東京中日スポーツ