本文へ移動

世界アマ1位の中島啓太ついに本領 1イーグル3バーディー ボギーなし7位浮上 レジェンドの応援で2勝目へ【ゴルフ】

2021年11月27日 18時07分

このエントリーをはてなブックマークに追加
中島

中島

◇27日 国内男子ゴルフ カシオワールドオープン第3日(高知県芸西村、Kochi黒潮CC)
 世界アマランク1位の中島啓太(21)=日体大3年=がこの日のベストスコアとなる67をマーク、通算9アンダーに伸ばして7位に上がった。1イーグル、3バーディーでボギーなしだった。11打あった首位との差を、一気に5打に縮めた。ツアー2勝目を懸け、最終日にビッグスコアを目指す。堀川未来夢(28)=ウエーブエナジー=は73と1打後退。通算14アンダーで初日からのトップを守ったが、後続とは3打差になった。
 中島がついに本領を発揮した。優勝したアジア太平洋アマ選手権(アラブ首長国連邦・ドバイ)からの凱旋(がいせん)試合となった今大会は、開幕直前にウイルス性胃腸炎やコロナワクチンの副作用に苦しみ、初日から47位、37位と振るわなかった。だが、ようやく体調も戻り、第3ラウンド(R)は鬱憤(うっぷん)を晴らした。9月のパナソニックオープンに続く優勝、松山英樹(レクサス)さえできなかったアマチュアでのツアー2勝目が現実味を帯びてきた。
 前日夕方に第3Rの組み合わせが決まり、ツアー通算31勝の永久シード選手、片山晋呉(48)=イーグルポイントGC=と同組と知って大喜びした。一緒に回るのは高校2年時の日本オープン予選2日間以来。高校1年時には全く話をしたこともないのに、練習場で突然話し掛けられ、寄せを教えてもらったこともある。
 この日もプレー中、いろんな話を聞いた。「晋呉さんは何でも知っているし何でもできる。辞書みたいな感じ」。片山はマスターズに8回出場し、2009年には4位に入った。中島も来年の大会に出場が決まっているとあって、オーガスタナショナルGCの対策も。両手で30センチほどの距離をつくり「こういうのも必要だよ」と、超ショートパットの練習も勧められた。
 中島が生まれた年、片山は日大の学生アマとして既にプロの試合で活躍していた。今の自分と重なる部分もある。「10番でチップインのイーグルを取ったとき『OK!』と言ってもらえた」とうれしそう。レジェンドからの応援は、2勝目への何よりの活力だ。

関連キーワード

おすすめ情報

購読試読のご案内

プロ野球はもとより、メジャーリーグ、サッカー、格闘技のほかF1をはじめとするモータースポーツ情報がとくに充実。
芸能情報や社会面ニュースにも定評あり。

中スポ
東京中日スポーツ