本文へ移動

【浦和】元日本代表・阿部勇樹の引退セレモニー「4万人のサポーターが詰め掛け『なんだこのクラブは』と思っていました」

2021年11月27日 17時46分

このエントリーをはてなブックマークに追加
阿部勇樹

阿部勇樹

◇27日 J1第37節 浦和0―1清水(埼玉スタジアム)
 今季で引退する浦和の元日本代表MF阿部勇樹(40)の引退セレモニーが、今季ホーム最終戦となった清水戦後に行われた。
 2007年に市原(現千葉)から浦和に移籍して以来、レッズの中軸としてチームをけん引。イングランド2部のレスターを経て2012年に再び浦和に復帰した阿部。スタンドを埋めたサポーターを前に「加入した2007年のレッズフェスタに4万人のサポーターが詰め掛け『なんだこのクラブは』と思っていました。皆さんと一緒に戦い、タイトルを取れたことが僕の宝物です。共に戦ってくれて、ありがとう」と感謝の言葉をつづり、ピッチを去った。
 日本代表でも長く活躍。国際Aマッチ53試合に出場し、2010年W杯南アフリカ大会では16強入りに貢献した。今後は指導者を目指す。

関連キーワード

おすすめ情報

購読試読のご案内

プロ野球はもとより、メジャーリーグ、サッカー、格闘技のほかF1をはじめとするモータースポーツ情報がとくに充実。
芸能情報や社会面ニュースにも定評あり。

中スポ
東京中日スポーツ