本文へ移動

【巨人】中山が坂本に挑戦状 10万円増で契約更改「来年ショートを任されるような選手になります」

2021年11月27日 17時39分

このエントリーをはてなブックマークに追加
10万円増の610万円でサインした中山=ジャイアンツ寮で(球団提供)

10万円増の610万円でサインした中山=ジャイアンツ寮で(球団提供)

 巨人の中山礼都(らいと)内野手(19)が27日、川崎市のジャイアンツ寮で契約更改交渉に臨み、10万円増の610万円でサイン。交渉の場で球団から「来年からショートのレギュラーを取るつもりでやってくれという言葉をいただいた」という中山は「来年ショートを任されるような選手になります」と言い切った。高卒2年目の来季は大黒柱の坂本に挑む。
 今季はヤクルト・奥川、オリックス・宮城、紅林ら高卒2年目でブレークする選手が相次いだことにも触れ「今年も2年目で活躍している選手がいっぱいいたので『自分も』という思いは強い」。今季の1軍出場はなかったが2軍では打率3割超をマーク。それでも「3割打てたのはファームの結果」と満足はしていない。自主トレは岡本和、吉川と一緒にやる予定。“坂本越え”を目指し、力をつける。

関連キーワード

おすすめ情報

購読試読のご案内

プロ野球はもとより、メジャーリーグ、サッカー、格闘技のほかF1をはじめとするモータースポーツ情報がとくに充実。
芸能情報や社会面ニュースにも定評あり。

中スポ
東京中日スポーツ