本文へ移動

J1残留に向け、大きな1点 清水が浦和を破り15位浮上【サッカー】

2021年11月27日 17時40分

このエントリーをはてなブックマークに追加
◇27日 J1第37節 浦和0―1清水(埼玉スタジアム)
 後半48分、J1残留争いまっただ中の清水にとって値千金の1発が突き刺さった。DF山原からのパスをペナルティーエリア手前中央で受けたMF中村は、迷うことなく右足を振り抜いた。残留に向け、大きな1点。この勝利で清水は勝ち点を39に伸ばし、15位に浮上した。
 試合前、勝ち点36の湘南が15位、清水は得失点差で16位、勝ち点33の徳島が降格圏の17位だった。その徳島と湘南が、この日直接対決。同時刻開始で、徳島が先制した。その一報を受けた平岡監督は後半33分「チャンスがあれば1点を奪いにいく。技術を持っている」中村を投入した。それまで圧倒的に攻め込まれていたが、しのぎにしのいで最後の最後、そのワンチャンスを生かした。
 来月4日の今季最終節・C大阪戦(アイスタ)に引き分け以上で残留が決まる。中村は「アウェーで勝ち点3を持ち帰ることができてうれしい。最終節はホーム。声援が力になる。勝って残留を決めたい」ときっぱりと言い切った。

関連キーワード

おすすめ情報

購読試読のご案内

プロ野球はもとより、メジャーリーグ、サッカー、格闘技のほかF1をはじめとするモータースポーツ情報がとくに充実。
芸能情報や社会面ニュースにも定評あり。

中スポ
東京中日スポーツ