本文へ移動

名古屋グランパス、C大阪に逆転負けで3位浮上の可能性消える 柿谷の3戦連続ゴール実らず

2021年11月27日 16時00分

このエントリーをはてなブックマークに追加
後半、オーバーヘッドで先制ゴールを決める名古屋・柿谷(中央)

後半、オーバーヘッドで先制ゴールを決める名古屋・柿谷(中央)

◇27日 J1第37節 名古屋1―2C大阪(ヨドコウ桜スタジアム)
 名古屋グランパスはC大阪に逆転負け。来季のアジア・チャンピオンズリーグ(ACL)出場権を自動的に得る、3位浮上の可能性が消滅した。
 前半、グランパスは耐える展開を強いられた。今季限りでの引退を表明しているC大阪・大久保嘉人(39)をターゲットにC大阪が猛攻。グランパスは、ほとんど好機をつくれずに前半を終えた。
 後半、グランパスは10分までに4人を交代投入する積極策で主導権を奪回。同22分、FKから生まれた混戦の中、FW柿谷曜一朗(31)がオーバーヘッドシュートを決めて先制した。しかし、後半35分にC大阪・藤田にミドルシュートをたたき込まれて1―1。後半42分にはC大阪・西尾のゴールで1―2とされ、逆転を許した。
 「アニメの中のヒーロー」と称し、大久保の背中を追った柿谷が決めた、惜別の3戦連続ゴールも実らず。最終節で、天皇杯の結果次第でACLに出場できる4位確保を狙う。
おすすめ情報

購読試読のご案内

プロ野球はもとより、メジャーリーグ、サッカー、格闘技のほかF1をはじめとするモータースポーツ情報がとくに充実。
芸能情報や社会面ニュースにも定評あり。

中スポ
東京中日スポーツ